【上級救命技能講習】もし大切な人が目の前で倒れた時…あなたはどうする?

こんにちは、逆転おじさんです!
4/25、降りしきる大雨の中おじさんは上級救命講習を受けに保土ヶ谷区総合庁舎に行ってきました!

資格データ
上級救命講習
・成人、 小児、乳幼児、新生児に対する心肺蘇生とAEDの使用方法、傷病者の管理法、副子固定、熱傷の手当、搬送法を習得する8時間の講習(うち座学1時間)。
・講習費用(教材費)  1,500円
・履歴書に記入時「上級救命技能認定
・講習の受け方 「お住いの地域 上級救命」でWEB検索

おじさんの居住区では教材費という事で1,500円(税込み)で講習を受けられましたが、地域によっては無料で受けられる所もあるようです。

また成人に対する心肺蘇生とAEDの使用方法を主体とした3時間のコースとして「普通救命講習」等もありますが、おじさん的にはどうせ受けるならがっつり学べる上級の方をオススメします!

講習を受ける意味

当日講習の定員は20名、そのうち19名が参加しており女性は6名いました。年齢層はバラバラで20代~50代くらいまでいたと思います。
講習を担当してくれるのは現役を退いているナイスガイな消防隊員の方達がユーモアたっぷりに命の救い方を教えてくれました。

もしあなたの身近な人が突然、心臓や呼吸が止まってしまったらどうしますか?現在、119番で救急車を呼んでから現地に到着するまでの時間は全国平均で8~9分程かかるようです。

もしあなたがその場に居合わせたにも関わらず、救命隊が到着するまでの約10分の間に何もしなかったら…その人の命が助かる確率は半分以下まで低下します。

でももしあなたが正しい知識を持ち、適切な救命方法を行ったなら…その人が助かるだけでなく、その方の命が助かってから社会に復帰出来る可能性を高める事も出来るのです!心臓と呼吸は止まってしまってから10分間が勝負と言われています。

この10分間にあなたは勇気を持って大きな声で周りに助けを呼び、他の住民にも協力してもらい「救急車を呼んでもらう」「AEDを持ってきてもらう」事をお願いし、あなた自身は救命活動を続けましょう。

咄嗟にこれらの事を行うには正しい応急処置の知識は勿論、覚悟と勇気が要ります。この講習を受ける事によって、その知識と覚悟は学ぶ事が出来るんじゃないかと思います。

また心肺蘇生法時に胸骨圧迫する際、胸骨の最下部には尖った骨(剣状突起)という部分があり、そこを強く押すと内蔵を損傷させてしまう可能性がある為に押す部分には注意が必要です。そういう事も含めて講習を受け、正しい救命処置方法を学びましょう。

受講してみた感想

8時間の受講が終了するとおじさんの地域で画像の百式のような豪華なゴールドカードが貰えます!また堂々と「上級救命技能認定」として履歴書に記入しても良い資格だと思いますし、おじさんの様に施設警備員をしている人にとっては取得必須な資格となっている地域(都内など)もある様です。





また8時間の講習の中で1時間程の座学があり、この時間で講師の方が面白い豆知識を教えてくれたので紹介しますね♪

皆さんの日常生活の中で…もし歯が抜けてしまったらどうしますか?当然歯医者さんに行くと思うのですが、その前にその抜けてしまった歯を生の卵白、無ければ牛乳などに漬けておけば、その抜けてしまった歯がもう一度くっつく可能性があるそうです!

それは歯の成分が生の卵白や牛乳に近い成分だからだという事です!その際は歯の付け根部分を触らないようにする必要があります!


たった8時間の講習でしたが、とても有意義な時間でしたし、一人でも多くの人がこの講習を受ける事で救われる命が増える事になるのなら、講習を受けない理由はないと思います。

身近な大切な人を救う為、そしてそんな時に何も出来ずに後悔する事を防ぐ為にも…是非「上級救命講習」を受講してみませんか?

\警備員になりたいあなたはチェックだ /

ココから登録してバイトor仕事が決まれば、給料とは別に最大1万円のボーナスが貰えちゃうぞ!

警備員はちょっと…って方!は↓をチェックだ!魅力的なお仕事がいっぱいだぜ!


最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事