【なりたけ】超こってり濃厚背脂ラーメン!そのあまりの濃さに戦慄する!

こんにちは!ダイエット中だけど、それでも濃いものが食べたい逆転おじさんです(笑)

今回は都内に用事があった為に以前行ってみて、あまりの濃さに戦慄を受けた俗に言う背脂チャッチャ系ラーメン「なりたけ」に行ってきました!

こってりラーメン
【なりたけ 錦糸町店】
東京都墨田区錦糸3-3-2(JR錦糸町駅より徒歩1分)
営業時間 11:00~翌3:00(水曜日定休)
食べログ評価(3.70)
お店の公式サイトへのリンク

ちなみにチャッチャ系というのは、刃物の町として有名な新潟県三条市が発祥のラーメンで、煮込んだ豚の背脂をスープに入れてコクを出して、さらに網を使って背脂を「チャッチャ」と大量にどんぶりに振りかけるのですが、この時の動作の様子から「背脂チャッチャ系ラーメン」という名前がついたそうです!

地元ではとても愛されているのは当然として、外からの旅行者も食べたらやみつきになってしまう程の名物ラーメンらしいです♪

おじさんは友人の紹介で一度食べてみた時はそのあまりの濃さに戦慄したのですが、またしばらく経つと食べたくなる不思議なラーメンです(笑)

東京には「錦糸町店」の他に「池袋店」、そして千葉には「津田沼店」「本八幡店」「幕張店」がありますが、なんとフランスにも「パリ店」があるそうです!

いざ錦糸町店へ!

今回おじさんは都内に用事があった事もあり、「錦糸町店」に行ってきました!店に入ると事前に食券を購入するシステムなので、「味噌バターコーンラーメン+麺大盛+煮卵トッピング」を購入します。

席に着くと、店員さんから「背脂の量はどうしますか?」と聞いてきますので、今回は「もやし抜きの味濃いめのギタギタで!」とオーダーしました!そう、実はおじさんはもやしが苦手なのです><。

おじさんは今回「ギタギタ」を注文しましたが、この「なりたけ」にはチャッチャ系ラーメンのセールスポイントでもある背脂の量を客のお好みで調節出来るのです。

背脂の少ない順から「あっさり」→「普通」→「ギタギタ」となっているのですが、実は裏メニューで「超ギタ」というのがあり、マジに超絶に背脂まみれのラーメンが出されます!

↑その時の画像があったので貼っておきます(笑)




おじさんは初めてこの店に入った時にこれを注文して、何とか完食しましたが、おじさんのHPゲージが赤く点滅するくらいやられました(美味しいけど)。

今回はその時の反省をふまえて1ランク落とした「ギタギタ」にしました。…と言っても十分背脂まみれなんですが(笑)

背脂ギタギタの味噌ラーメンが登場!




そして運ばれてきた味噌ラーメンをズズッと戴くと、いやぁ濃い!本当に濃い!!何て言うんだろう…スープというかドロドロの脂をすすってる感じ?麺は自家製中太麺でよくスープに絡みます。

普通にすすって食べてるだけでコクのある味噌の味がカツンと飛び込んできますが、確実に塩分の過剰摂取って感じで、毎日食べるのは体に良くない気はします(笑)

でも…美味い!とてつもなく破壊力のある味なんですが、コクのある味噌の濃さと背脂の甘みがマッチしていて、箸とレンゲが止まりません!

摂取してしまった塩分は後でその分運動して消費するなり、一食抜くなりして調節すればいい!

ただ今はこの背脂をすすりたい!そんな風に考えてしまうくらい濃い味好きの人にはたまらないラーメンだと思います!!


 ただ今回、おじさんは調子に乗って麺大盛を頼んでしまった為に最後の方はキツく、以前とは違ってさすがにスープは全部飲めませんでした><。

そして食べた後はもう食えない…もう食べたくない…と思うのですが、2~3日が過ぎると、「なりたけが食べたくてたまんねぇ!!」と思ってしまう、とても中毒性が高いラーメンだと思います!

ただ良いのか悪いのか解りませんが、おじさんの住んでる神奈川からは「錦糸町」も「池袋」も1時間くらいかかるので用事がある時くらいしか行けない感じなので、3か月~半年に1回行くかどうかって感じです。

もしこのお店が近くにあったら…もっと通う頻度が増えて、おじさんの体が背脂まみれになってしまったかもしれません(笑)

ただ本当に濃い味が好きな方はやみつきになっちゃう味ですし、味噌ラーメンよりもすっきりしている醤油ラーメン、背脂が入っていない魚だし醤油ラーメン(幕張店限定)特製みそつけめん(池袋店以外)特製ぎょうざもありますので一度お近くの店舗に足を運んでみては如何でしょうか?

きっとあなたはその濃さに戦慄するのは間違いないですよ(笑) 




最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事