【秘書技能検定準1級】学科試験の結果が到着!果たして合格出来たのか?

こんにちは!中卒、アラフォー、フリーター!負け犬会のスーパーレジェンドこと、人生逆転おじさんです!

今回の記事は2019年6月16日(日)に受験した【秘書技能検定準1級】の合否結果についてです!

果たして逆転おじさんは合格出来ていたのでしょうか?

↓秘書検定準1級の受験記事

☆資格データ
・秘書技能検定

受験資格:制限はなく、誰でも受験出来ます。

受験料
1級/ 6,500円 準1級 /5,300円
2級/ 4,100円 3級/ 2,800円

問題用紙の持ち帰り:可能

合格基準:全級とも試験は「理論」と「実技」に領域区分され、それぞれの試験が60%以上の時合格となります。

※2級、3級は筆記試験のみ。準1級、1級になると二次試験で面接あり。

秘書検定準1級の合否結果

合格出来たのか?

秘書検定の合否発表は受験日から大体2週間前後で公益財団法人 実務技能検定協会」ホームページでいち早く閲覧する事が出来るのですが、後日ハガキでも届きます。

果たして逆転おじさんは合格する事が出来たのでしょうか…?

結果は…

残念ながら…不合格でした。

ただ「理論」合格「実技」Aランクとなっており…惜しかったと言えるのではないでしょうか?

ちなみに〇やAなどの評価基準の意味は…

〇…合格まで達しています。

*…欠席

×A…あと一息で合格です。

×B…やや努力が必要です。

×C…さらに努力が必要です。

×D…かなり努力が必要です。

となっているようです。

試験を振り返ってみて…

おじさんはなぜ落ちてしまったのでしょうか?…勉強時間は12時間くらいでしたが、実はおじさん結構自信がありました。

公開されている模範解答を見て答え合わせをしている感じだと、やはり記述式の解答問題にやられてしまっている感じだと思います。

ただ落ちてしまったとはいえ評価はAランクなので、次回はなんだかいけそうな気がする~♪って感じです(笑)

今後の予定

当然リベンジする予定です!ただ秘書検定は受験する級に制限がない為ので、準1級をリベンジするのではなく、じっくり勉強出来たら1級を受けてしまってもいいかな?とも少し思っています。…身の程知らずかもしれませんが(笑)

ちなみに1級と準1級は併願受験が出来ないので、どちらかを選んで受けるしかないのが微妙なところです…

そして2019年度の秘書検定の日程の方は…

第119回 2019年11月10日(日) 2019年9月2日(月)~10月9日(水)
第120回 2020年2月9日(日) 2019年12月9日(月)~2020年1月14日(火)

 

…となっています。2019年の11月10日(日)に準1級を受け、合格出来たら2020年2月9日(日)に1級を受けるというパターンでもいいかもしれません。

まぁ筆記試験に受かったとしても、その後は面接試験が待ち受けていますがね(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事