【漢字検定3級】無勉強…!舐めてかかって無惨にも敗北した話!

こんにちは、逆転おじさんです!今回は以前書いた記事で予告していた漢字検定に落ちた時の話をします(笑)

漢字検定(2~7級)はCBT試験可能!

CBT試験とは?

皆さんは「CBT試験」というものをしっていますか?




CBT試験とは?
【Computer Based Testing】の略で、PCを使い好きな時に検定が受けられるシステムです。漢字検定の他にも、主にパソコン系の資格(P検やITパスポート等)で導入されています。

おじさんは今から2年半くらい前、まだ逆転おじさんになる前に(笑)このCBTというシステムを知り、これなら気が向いた時に受検する事が出来るし無勉強でも受かるんじゃないかと思い「漢字検定3級」を受ける事にしました。

無勉強で漢検3級に挑んだ結果!

大人になってだいぶ勉強から遠ざかってるとはいえ漢字なら結構読めてるし、事前にチェックしたところ3級の検定レベルは中学卒業レベル合格率は50%くらいって事なのでで、さすがにおじさんでもそれくらいのレベルはあるだろうと思い、軽い気持ちで申し込んだの発端でした。

しかしながら結果はご覧の通り…

200点中124点で惨敗です…><。正直舐めてました。合格する為には140点取らなければならないようです。

読みの方は30問中29問出来てるのでまぁ良かったんですが、書き取りの方が40問中18問…とまぁダメダメでしたね。

やっぱり現代人はPCやスマホに頼りきっていて、文字を書くという事が減っているので、おじさんと同じく漢字は読めるけど書けないって人が多いのではないでしょうか?

これは凄いぞ!CBT試験!

ただ学生時代から遠ざかっていた試験を久しぶりに受けてみて楽しかったのはよく覚えています。CBT試験だと自分の得意、不得意分野等この様にデータを細かく出してくれるのも面白いですよね!

この様にどの分野を勉強すれば良いかアドバイスしてくれます(笑)

このデータを見る限り3級の合格率は46.4%って事なので、ほぼ2人に1人は合格する計算ですね><。うーん、悔しい…

落ちてしまったので…

落ちたままでいいのか?

いーえ!よくありません!!1級や、準1級、 8級、9級、10級を受検する場合は通常の用紙にて行う試験で受験する必要がある為に年に数回(6月、10月、2月)しかないのですが、2級~7級はCTBにて対応可能という事なので、自分の都合の良い時に申し込んで受検する事が出来ます。これによって漢字検定というものがとても身近になっているのではないでしょうか?

いざ文字を書くとなった時に平仮名ばかりより、漢字を使用した方が絶対にカッコイイと思いませんか?

おじさんもこのまま負けっぱなしは嫌なので…リベンジを計画中です!いつかリベンジする為にこんなものを購入しちゃいました♪

いつリベンジするのか?

ちょっとしばらくは他の試験の予定が詰まっているので受けれないですが、隙間時間にちょこちょこ勉強して近いうちリベンジします!

もしおじさんと同じように何か資格が欲しいけど、すぐに受検出来る資格ってないかな?って考えてる方は漢字検定はどうでしょうか?

「CBT 漢字検定」と検索すれば「日本漢字能力検定」のホームページに飛ぶので、そこから申し込みが出来ます!

受検料は2級が3,500円、準2級~4級が2,500円、5~7級が2,000円ととてもお手軽になっております(笑)





インターネットにて検定日の4日前までの予約が可能という事なので、枠に空きがあれば月火曜に予約して土日に受検するって事も可能です!ちなみに検定の支払いはクレジットカードやコンビニ払いにも対応していますので、興味ある方は是非チェックしてみて下さいね♪

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事