【世界遺産検定2級】第36回検定の結果が発表!逆転おじさんの無謀な戦いは結末は!?

こんにちは!中卒、アラフォー、フリーター、負け犬界では世界遺産的存在ともいえる人生逆転おじさんです!

今回の記事は2019年7月7日(日)に受けてきた第36回『世界遺産検定2級』の結果が出ましたので、発表したいと思います♪

勉強時間は10時間ほどしか取れない無謀な挑戦だったのですが、果たして逆転おじさんは奇跡を起こす事が出来たのでしょうか?

↓第36回世界遺産検定2級受験の記事

☆資格データ
・世界遺産検定
実施級:マイスター、1級、2級、3級、4級

受験資格:2級~4級は誰でも受ける事が出来ます。
1級は2級認定者のみ、マイスターは1級認定者のみ

実施時期:マイスター、1級/7月上旬、12月中旬
 2級~4級/3月中旬、7月上旬、9月上旬、12月中旬

受験料:マイスター/19,000円 1級/9,700円
 2級/5,500円 3級/4,500円 4級/3,000円

試験内容
マイスター/論述方式(120分間、3題)

1級/マークシート方式(90分、90問)全ての世界遺産について

2級/マークシート方式(60分、60問)日本の全遺産と世界の遺産300件

3級/マークシート方式(50分、60問)日本の全遺産と世界の遺産100件

4級/マークシート方式(50分、50問)日本の全遺産と世界の遺産32件

合格基準:
マイスター
/20点満点中12点以上

1級/200点満点中140点以上

2級/100点満点中60点以上

3級/100点満点中60点以上

4級/100点満点中60点以上

試験問題の持ち帰り:可能

世界遺産検定公式はホームページはこちら

世界遺産2級の合否結果

合格出来たのか?

おじさんは暗記が苦手なので…暗記が中心になるこの「世界遺産検定」はかなり難しいと感じました(笑)

7月7日(日)に受験して、合否発表は7月26日(金)に世界遺産検定公式ホームページで発表されるという事で、受験日からおよそ20日前後で結果が解るって事なんでしょうね。

…自信は全くないのですが、とりあえず合否速報を確認しにいってみました。

結果は…

当然のことながら、不合格でした><。

試験を振り返ってみて…

なぜおじさんは落ちてしまったのでしょうか?…理由は簡単で、勉強不足&理解力不足ですね。

世界遺産検定は基本的に暗記なので…とにかくテキストを読み込みインプットし、覚えた知識を過去問をこなしてアウトプットするしかない様です。

ちなみに後で知ったのですが、世界遺産検定はその時の試験でもっとも高得点を取った成績優秀者に表彰状とおしゃれなクリスタルトロフィーが贈呈されるようです♪

※画像引用 世界遺産検定公式ホームページより

すっげぇ欲しいけど…満点とか取らないとゲット出来なさそうです(笑)

今後の予定

 

第37回検定
検定日 2019年9月8日(日)
申込方法 インターネット
申込期間 2019年6月13日(木)~7月29日(月) 17:00
受検票到着日 2019年8月29日(木)
合否結果マイページ表示 2019年10月3日(木)
結果通知到着日 2019年10月18日(金)

次回、第37回検定は2019年9月8日(日)にあるのですが、この日おじさんはFP3級試験がある為にスルーします。

時間的にはかぶってないのでダブル受験も可能っちゃ可能なんですが、10月には宅建試験も控えているので…さすがに3科目も勉強は出来ません…。

予定としては第38回検定が12月15日(日)にあるので、この日に受けれたら受けるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事