【世界遺産検定2級】第36回検定結果通知が到着!逆転おじさんは何点だったのか?

こんにちは!中卒、アラフォー、フリーター!お盆期間中も絶賛休みナシで働いてる人生逆転おじさんです!

今回の記事は2019年7月7日(日)に受けてきた第36回『世界遺産検定2級』の結果通知が届きましたので、公開したいと思います!

↓第36回【世界遺産検定2級】受験の記事

先日記事にした通り、試験結果の方は事前に公式ページで公開されていたので【不合格】なのは知っていたのですが、何点は公開されていなかったので気になっていました(笑)

☆資格データ
・世界遺産検定
実施級:マイスター、1級、2級、3級、4級

受験資格:2級~4級は誰でも受ける事が出来ます。
1級は2級認定者のみ、マイスターは1級認定者のみ

実施時期:マイスター、1級/7月上旬、12月中旬
 2級~4級/3月中旬、7月上旬、9月上旬、12月中旬

受験料:マイスター/19,000円 1級/9,700円
 2級/5,500円 3級/4,500円 4級/3,000円

試験内容
マイスター/論述方式(120分間、3題)

1級/マークシート方式(90分、90問)全ての世界遺産について

2級/マークシート方式(60分、60問)日本の全遺産と世界の遺産300件

3級/マークシート方式(50分、60問)日本の全遺産と世界の遺産100件

4級/マークシート方式(50分、50問)日本の全遺産と世界の遺産32件

合格基準:
マイスター
/20点満点中12点以上

1級/200点満点中140点以上

2級/100点満点中60点以上

3級/100点満点中60点以上

4級/100点満点中60点以上

試験問題の持ち帰り:可能

世界遺産検定公式はホームページはこちら

世界遺産2級検定 結果

第36回世界遺産検定2級のデータ

・受験者数 3299人

・合格者数 2055人

・合格点  60点

・平均点  60.4点

・合格率  62.3%

以上が今回の検定のデータとなっています。合格点は通常通り60点で合格となるのですが、平均点が「60.4点」という事なので、問題の難易度もだったという事でしょう。

逆転おじさんの点数は?

それでは無惨に不合格だったおじさんの点数は何点だったのでしょうか?…恥ずかしながら公開したいと思います><。

・基礎知識   18点/20点

・日本の全遺産 13点/25点

・文化遺産   10点/35点

・自然遺産   1点/10点

・その他    6点/10点

・合計 48点/100点

んーおじさんの感想としては「思ったよりも出来ていた!」でしょうか(笑)ぶっちゃけもっと全然ダメだと思っていたので、基礎知識の「18点/20点」は結構頑張ったと思います♪

ただ文化遺産の10点/35点は我ながら酷過ぎるので、ここを何とかすれば合格圏内に入れるかもしれません。

まとめ

さて、今回は不合格だったのでリベンジしたいのですが…次回検定である「第37回世界遺産検定」は9月8日(日)にあるのですが、この日はFP3級試験があるのでスルーせざる負えません。

…なので、リベンジはその次の「第38回世界遺産検定」になります。日程としては12月15日(日)となっていますね。

おじさんの予定としては8月に心理学検定、9月にFP3級試験、10月に宅建試験、11月にマンション管理士試験、12月に管理業務主任者試験と月1で資格試験が続いています。

それ以外にも秘書検定準1級やITパスポート試験、乙4試験などのリベンジも忘れていません。

予定を考えるだけで武者震いしてくるぜ!…世界遺産検定め!リベンジしてやるから待ってろよ!(笑)

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事