令和元年度宅建試験の合格者が発表されました!逆転おじさんは2年連続落ちたのか?それとも…!?

さて、今回は記事は2019年10月20日(日)に行われた令和元年度『宅地建物取引士試験』の合格発表があったので結果をお伝えしたいと思います!

宅建試験初挑戦となる2018年は当然不合格でしたが、2回目となる2019年は合格出来たのでしょうか?

そんな私は宅建試験に合格して人生逆転を狙う中卒中年底辺野郎こと、『人生逆転おじさん』です(笑)

☆令和元年度の宅建試験当日の記事はこちら↓

☆昨年(平成30年度)の宅建試験関連の記事はこちら↓

 

令和元年度『宅建試験』結果概要

合格者数は?

2019年12月4日(水)に不動産適正取引推進機構が発表した令和元年度『宅地建物取引士試験』の概要によると、受験者数は22万797人(男性14万8765人、女性7万2032人)、その中で合格者数は3万7481人(男性2万4188人、女性1万3293人)という事でした!

毎年20万人超が受けるとんでもないモンスター試験なのですが、全国に3万7000人も合格者がいるなんて、それも凄まじいですね…。

合格された方は本当におめでとうございます!!

合格点は?

今年はいったい何点取れば合格出来たのか調べたところ…

「35点」

との事でした!去年は合格するのに「37点」必要だったので、今年は試験問題は去年より少し難しかった…という事でしょうか?

合格率は?

今回の合格率は「17.0%」と、去年の15.6%よりも上がっていますね。

今回の受験者数は過去最大人数らしいので、合格率の方も比例して増えた…という事で合ってますかね?(笑)

どうやら「宅建業法」の個数問題が去年の3問から、今年は6問に増えていたらしく、そのせいで問題が難しくなっているようですね。

逆転おじさんの合否は?

今年の合格者は3万7481人…その中におじさんは入っておらず、当然「不合格」でした><。

得点は解答速報で答え合わせした通り「28点」という事で、全然惜しくありませんでした…。はぁ…また来年かぁ…。悲しいなぁ…

不合格の敗因としては…やはり勉強不足、理解不足…と言いざる負えないですね…。

今後の予定は?

去年も言いましたが…おじさんの人生逆転の第一目標はまずは…

「宅建に合格する事」

これを達成するまでは人生逆転に繋がらないと考えています。何年かかるか分からないけど、合格するまでチャレンジを続けるつもりでいます。

敗北とはチャレンジを諦めてしまった時の事だと思います。自分が諦めなければ何度でもチャレンジ出来ます。

何度でも何年でも挑戦し続けるつもりですが、出来たら来年こそは受かりたい!それに尽きる!!

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事