【絶対許すな】職場でのパワハラ、セクハラ等、労働問題で悩んでいる人必見!

こんにちは!孤高の底辺挑戦者こと、人生逆転おじさんです!

今回は職場でのパワハラセクハラ等で我慢してる人や、「あれ?ウチの会社ってなんかおかしくない?」って思っている人向けの記事です!

明らかにこの会社おかしい…と思っていても、忙しく我慢強い社会人の皆さんはきっと「いや、忙しいし…」「生活があるし…」とか「みんな我慢してるし…」って感じで結局、辛くてもストレス耐え続けてしまう人が多いようです。

実際おじさんも以前の記事で書きましたが、10年以上勤めたアルバイト先を突然クビになり生活が出来なくなった…という苦い経験がある為、「この会社おかしい」と思っていても、現状の生活を優先してしまい…なかなか行動に起こせない気持ちは痛いほど解ります><。

でも忘れてはいけないのが…

・「あなたの体はあなた自身のもの」

・「あなたの生活はあなた自身の為のもの」

明らかに会社や上司がおかしいのに、あなたが耐え続けたとしても…後で苦しむのはあなた自身だとおじさんは思います。



苦しい気持ちを我慢せずに労基に!

労基に行くって言っても…どうしたらいいの?…とお思いの方!そりゃ当然ですよね!

まず労基に行って職場の異常性を訴えるなら、上司のパワハラやセクハラ等…形のある証拠が必要になります。

例えば…

・上司のパワハラ、セクハラ発言を録音したもの

・パワハラ、セクハラ等が感じられるメール等

「録音」ってハードル高くない?って思われるかもしれませんが、「言った、言わない」というトラブルを防ぐ為や、違法を訴える為の録音は仮に録音機材(ICレコーダー)が見つかったとしても、会社は訴える事は出来ません。

そもそもそういう行動をさせている会社や上司に問題があるのですから。

ちなみにおじさんも会社との通話は常に録音しており、もし何かトラブルが発生した際の証拠集めには余念がありません(笑)



労基の相談ってお金かかるの?

かかりません♪

お役所なので若干行くのに抵抗ある人は多いと思いますが…親身にやって下さる方も多く、とても頼もしい存在です!

いきなり労基に直接行くのはハードルが高い…という方は「労基 お住いの地域」等で検索すればHP等があると思うので、まずはご自分の現状等を状況説明してからでもいいかもしれません!

「労基署」ただしくは正しくは「労働基準監督署」は苦しんでいるあなたの味方です!苦しんでいるあなたはとても頑張り屋さんですが…ストレスに耐え続け、体や精神を壊してしまっては意味がありません!

同じ頑張るなら違法な会社ではなく、正当な会社で頑張った方が今のあなたにとっても、未来のあなたにとっても良い事なんです!

労働問題に悩んでいる方は、後悔しないようにご自分を大切に考えて…

労基に相談に行ってみようぜ♪

\今の職場がおかしい…と感じたら転職も考えよう/

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事