光の速さで申し込め!令和二年度 「宅地建物取引士」の申し込みが終わってしまうぞ!

令和二年度「宅建試験」の申し込みが2020年7月31日(金)で終わってしまうので、もしまだ申し込んでない人は光の速さで申し込め!

当日消印までは受け付けてくれるから、とりあえずコレ見たら今すぐ動くんだ!!

ちなみに申し込み方法はインターネット申し込みと、郵送申し込みがあるけど、インターネット申し込みはとっくのとうに終わってるから気をつけろ!

 

おっと、申し遅れました…この記事を書いている私は宅建試験に2年連続不合格中!永遠の敗北者…こと【人生逆転おじさん】と申すものです(笑)

 

宅建試験申し込み詳細(郵送)

申し込み期限

・令和2年7月1日(水)~7月31日(金)まで

当日消印有効なので、最悪でも31日(金)に郵便局がやっている時間までには申し込もう!

申し込み手順は?

大型書店等で受験申込書をGET(配布先は下記URLより)

http://www.retio.or.jp/exam/haifusaki.html

②封筒の中の申し込み用紙に必要事項を書き込む

③郵便局or銀行で受験料を払う

④受験料を払った時の受領証を申し込み用紙に貼りつける

⑤封筒に必要事項を書き込んで、郵便局で郵送申し込みをする

 

 

大まかな感じになりますが、受験申し込み方法はこんな感じです。あとの注意点としては、受験票には写真が必要になるのですが、写真はパスポート用申請サイズ(縦4.5cm、横3.5cm、頭の先からアゴまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下のもの)が必要になります。

試験日時、手数料など

・受験手数料
7,000円

・試験日時
令和2年10月18日(日)13時~15時まで(2時間)

・受験資格
年齢、学歴、性別等の制限はなく誰でも受験する事が出来ます

・試験方式
全50問(四肢択一式)による筆記試験です。

※ちなみに宅建関係の仕事をしている方で国土交通大臣の登録を受けた機関が実施する講習を受け、終了試験に合格している方は試験の一部(5問)が免除されますよ!…まぁ逆転おじさんの様な一般人には関係ない話ですが><。

そもそもコロナ禍で試験は開催されるのか?

令和2年度はコロナ禍の影響で資格試験がことごとく中止になっていますが、果たして宅建試験は開催されるのでしょうか?

逆転おじさんの予想としてはおそらく【開催される】と踏んでいます。理由は色々ありますが、宅建試験は毎年20万人が受験するモンスター試験ですし、1年に1回しかチャンスがありません。

そんな大規模な資格試験を中止にするというはなかなか難しいと思います…。もちろんそんな大規模な試験なら人が大勢集まるので、感染リスクも高くなりますが、対策は考えられている様です。

 

 

コロナ禍の影響で例年使っている大学や高等学校等の施設は使えない場所が多いらしく、試験会場の不足が予想されています。

もし受験可能人員が上回ってしまった場合は追加の受験日として、2020年12月27日に該当する受験者は試験を行うそうです。

考えようによっては10月18日→12月27日に変更された受験者の方が勉強時間が伸びる分、合格チャンスが増えそうな気がするのですが…その辺りはどう考えているんでしょうかね。

逆転おじさんと宅建試験

冒頭にも書きましたが、逆転おじさんは2回ほど不合格になっているので、今回で3回目の受験となっております。

ここ最近も資格試験に落ちまくっている逆転おじさんなので、このままだと当然宅建試験にも落ちてしまいます…。

 

残り約2か月…なんとか合格出来るように全力を尽くすしか道は残されていません><。

今年こそ…勝利の栄光を!!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!
ブログランキングに参加しています!
応援クリックよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事